代表からのご挨拶

観光交流と経済活性化

 一般社団法人みやぎ大崎観光公社は平成二三年十二月に正式設立をみて、いよいよ大海に船出しました。 本年五月三一日には第一回会員総会を開催し、平成二三年度の事業報告・決算報告に続いて平成二四年度事業計画を決議して戴き、本格的な事業推進に着手致しました。 当公社は、観光振興を通して大崎市内の経済活性化を推進する民間の観光旅行会社でありますので、新たな視点から大崎市内の宝(観光資源)を見つけ出し、磨き上げ、商品化し、売出して行くことが大きな使命であります。 従来型の観光では、大手観光会社が単独で観光資源を選定して旅行プランに反映するという手法が一般的でありました。  しかし、近年では、団体でのツアー型観光からグループや個人に対応したキメの細かい地元発信型の観光へと旅行形態も変化しております。大崎市内は宝の山で一杯になっていると思いますが、地元に住まいする私達は「灯台下暗し」で、今だに気づいていない観光資源が沢山あります。ご承知の様に、観光旅行とは日常の生活空間を離れ、心身共にリフレッシュすることが大目的であることは申し上げるまでもありません。その中の要素には宿や温泉、歴史の道探訪、地場の特産物、食事など様々な楽しみがありますが、最近ではこの様な要素に加えて体験プログラム(グリーンツーリズム等)が脚光を浴びる様になって来ております。この様に多種多様な観光資源を個人や単一の団体で調整し、商品の組立を実行して、さらに販売まで手掛けるのは大変な労力と時間を必要とするのは自明の理であります。今までの観光旅行会社ではなかなか手の届かなかった、地域発信型の商品開発を目指して、公社では大崎市内における観光資源を微に入り細に入りコーディネートしてまいります。また、大崎市内の経済活性化のためには、商品のブランド化に向けた新たな商品開発や磨き上げなど、地域の皆様との協力及び販売促進のお手伝い等があります。良い物を開発しても商品化されなければ売上にも結びつかず、方向性の違った物を磨き上げても市場に受け入れられないといったことでは「骨折り損のくたびれもうけ」となります。そうならない為にも、現在大崎市と強い協力関係を結びながら理事・事務局スタッフが一緒になって事業の推進に取り組んでおります。本年五月には宮城県より国内旅行業第2種の認可を戴き、正式に旅行業を開始致しましたので、今後は観光客誘致のため鋭意努力して参ります。

 最後に、公社が成長し、経済活性のお役に立てるには皆様からの絶大なるご支援、ご協力が不可欠であります。何卒宜敷くお願い申し上げます。


平成二四年八月吉日

一般社団法人みやぎ大崎観光公社

代表 菊地 武信

事業内容

1.観光商品の窓口
2.物産品等の販売
3.旅行業法に基づく旅行業(旅行業第2種)
4.観光関連事業の受託業務
5.地域資源の調査及び開発
6.地域情報の収集および発信


経営理念

私たちは、市民企業として、人、物、自然、文化など大崎市が持つあらゆる資源と産業を活用しながら交流人口の拡大を図り、

1.お客様の心に残る体験を提供します。

2.利益とノウハウを市民と共有します。

3.大崎の地域ブランド力を高めます。

4.子供たちに誇りを持って継承できる地域づくりに貢献します。

会社概要

会社名 一般社団法人みやぎ大崎観光公社(英語表記 Miyagi Osaki Tourism Bureau.)
設立 平成23年12月
住所 〒989-6153 宮城県大崎市古川七日町3-10 醸室かむろ内 蔵10
電話番号 0229-25-9620
FAX番号 0229-25-8635
メールアドレス info@mo-kankoukousya.jp

ページトップへ戻る